仮想通貨

コインチェックで話題になったマルチシグとは?

こんにちは!坂本よしたかです。

コインチェック社のNEM流出事件により注目を集めた「マルチシグ」をご存知でしょうか?
坂本よしたかの周りでも知らないという人が結構いたのでご説明したいと思います。

2018年1月に起きたコインチェックの「NEM流出事件」で、コインチェックが記者会見の際に、記者からの質問で『マルチシグ』という言葉が出てきましたが、仮想通貨を保有している人でも「マルチシグってなに??」と思った人は多いのではないでしょうか。

「NEM流出事件」において、コインチェックはネットに繋いだオンラインの状態で保管するホットウォレットに顧客の保有通貨をすべて保管していました。

また、ホットウォレットに保管していた他にも『マルチシグ』を設定していなかった、ということでセキュリティの脆弱性について記者から追及されていたわけですが、この「マルチシグ」とはいったい何なのでしょうか?

今回はマルチシグについて書いてきます。

・マルチシグを理解するための公開鍵と秘密鍵
マルチシグについて説明する前に秘密鍵と公開鍵について理解しておく必要があります。
秘密鍵と公開鍵は仮想通貨を送受金する際に必要になります。

公開鍵とは誰でも見ることができるものであり、秘密鍵は自分しか見ることができないもので、他の誰かに知られると保有している通貨は盗まれてしまいます。

例えばAさんが坂本よしたかからビットコインを送金してもらうとすると、Aさんは坂本よしたかに誰でも見れる公開鍵を送ります。

坂本よしたかは受け取った公開鍵でAさんに送るビットコインを暗号化し、Aさんに送ります。

暗号化されたビットコインを受け取ったAさんは、保持している秘密鍵によって複合化しビットコインを受け取ることができます。

この仕組みこそが「暗号通貨」と呼ばれる所以です。

・マルチシグ
取引所は顧客が保有している通貨を全て一つのウォレットに入れて管理しています。

そのため、秘密鍵を知られてしまった場合、コインチェックのように顧客の保有通貨が盗まれてしまいます。

自分の保有通貨だけならまだしも他人、しかもお客さんの保有している通貨が盗まれるんですから、取引所のセキュリティはきちんとしなければいけません。

そこで登場するのがマルチシグネイチャー(マルチシグ)です。
マルチは複数、シグネイチャーは署名という意味で、秘密鍵を複数に分散し複数の場所に保管することで、セキュリティレベルを格段に上げることができます。

秘密鍵を複数にすることで、すべての鍵が揃わなければウォレットを開くことができなくなりますから、例え秘密鍵を一つ盗んだところで保管している仮想通貨を盗むことはできません。

日本国内でマルチシグ対応の取引所はZaif、bitFlyer、QUOINEX、bitbankなどが挙げられます。

コインチェックも今後営業をしていくのであれば、当然マルチシグに対応するはずなのでむしろ安心できるのではと考えている人もいるようです

・坂本よしたかのまとめ
マルチシグは複数の署名という意味で、他人に知られてはいけない秘密鍵を複数の場所に複数分散させて保管します。

こうすることによってセキュリティの強度を上げることができます。
ハッカーがたとえ秘密鍵を一つ入手したとしても、ウォレットを解錠することはできないため、他の秘密鍵も入手しなければいけません。

もちろんマルチシグだからといって、絶対に仮想通貨が盗まれないというわけではないため、ネットにつながっていないオフラインの状態で仮想通貨を保管するハードウェアウォレットやペーパーウォレットが盗まれないという点に関しては最も安全でしょう。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

ピックアップ記事

  1. 坂本よしたかって氏ってどんな人?評判や生い立ち、経歴は?

関連記事

  1. 仮想通貨

    人気沸騰の古株ライトコインの詳細を徹底考察!

    【人気沸騰の古株ライトコインの詳細を徹底考察!】坂本よしたか…

  2. 仮想通貨

    坂本よしたかが過去に爆上げを予測したADA(エイダ)コインの今後を徹底解剖

    坂本よしたかです。ADAコインが爆上げだと判断した理由をあなた…

  1. 仮想通貨

    人気沸騰の古株ライトコインの詳細を徹底考察!
  2. 未分類

    ビットコインを動かす仕組みであるブロックチェーンとは?
  3. 坂本よしたか

    坂本よしたか将来予想イーサリアム編
  4. Amazon

    アマゾン出品大学を使ったリサーチ方法をご紹介
  5. 坂本よしたか

    アルボス(ALBOS)とは?
PAGE TOP