NEM

仮想通貨大規模ハッキング事件CASE2コインチェックネム流出事件

坂本よしたかです。
今回は記憶に新しいであろうコインチェックネム流出事件についてその内容を記録しておきます。こういったケーススタディに触れることであなたはリスク回避の知識をつけることができますのでしっかり把握しておきましょうね。

まず、コインチェックの事件についてどれだけのことを知っていますでしょうか?

ネムというコインが強奪されたんでしょ!ネムだけは買わないようにしようなんて思っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、今回の事件はネムというコインが悪かったわけではありません。
その点を意識したうえで記事を読んでいただければと思います。

知識が財産ですよ。

・コインチェックネム流出事件の内容とは?

マウントゴックス事件の再来を思わせるほどの騒ぎになった2018年1月に起こったコインチェックのネム流出事件。5億ものネムが流出。日本円換算すると580億円相当にものぼるコインが不正に出金され仮想通貨全体の価格が暴落、コインチェックも取引所を停止せざるおえない状況となったということ。

・なぜコインチェックネム事件が起こったのか?

コールドウォレットではなくホットウォレットで管理していたなど管理体制が甘かったのが一番の原因だと言われています。インターネットに接続しているホットウォレットは様々なウォレットサービスと同様にハッキングに遭う可能性が高い。

一方ハードウォレットや秘密鍵を保存したUSB端末のようなコールドウォレットであればそのハッキングの心配はなくなるのでそのような管理徹底ができていなかったということだ。

・今回のケーススタディから学ぶことと対策

必ず資産は都度個人のウォレットに戻す癖をつけましょう。
個人的にはウォレットはハードウェアウォレットが最もおすすめです。

そのハードウェアウォレットを検討する場合はオークションなどでは絶対に購入せず、正規店で新品を購入して使用してください。そうでないと何か悪質なプログラムがあった場合に対処できません。また、上流からの情報には常にアンテナを貼っていきましょう。儲かる商品だけではなくリスクに対しての話などしてくれる方と繋がるとトラブルの未然回避にも繋がります。

今回の記事は以上になります。
少しばかり難しい内容でしたが理解できましたか?
ケーススタディから学び現在の対策を立てることは

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
[su_button url=”https://canyon-ex.jp/fx2026/6MNJ8p” style=”glass” background=”#2da1ef” size=”8″]最新情報を受け取る[/su_button]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 仮想通貨 広告

    海外の仮想通貨団体が仮想通貨広告禁止について訴訟を起こす動きがあり
  2. 仮想通貨

    坂本よしたかが過去に爆上げを予測したADA(エイダ)コインの今後を徹底解剖
  3. 坂本よしたか

    坂本よしたか直伝!Amazonプレミア商品リストを作る裏技
  4. NEM

    仮想通貨大規模ハッキング事件CASE2コインチェックネム流出事件
  5. 坂本よしたか

    超簡単超速電脳仕入れリサーチ方法
PAGE TOP