坂本よしたか

坂本よしたか【テクニカル分析】

坂本よしたかです。仮想通貨の取引をするのならテクニカル分析は必須ですが、投資が初めての人はなにかも知らないことが多いでしょう。そこで仮想通貨の取引におけるテクニカル分析について詳しく見ていきます。取引の基礎なので確実に覚えておいてください。

仮想通貨の取引所にログインをすると、画面ではチャートというグラフが表示されるでしょう。
このグラフは仮想通貨の値動きを見やすくしたもので、現在の市場はどのような動きにあるのかを知るためにあります。
このチャートを見る方法の1つが、テクニカル分析です。
テクニカル分析とは過去の相場の動きを分析し、現在の相場と照らし合わせて値動きを予測するものです。
基本的に相場の上下は神の見えざる手といって、人間には予測不可能とされています。
しかし分析をすると、過去の相場と同じように値動きをするケースが多々見られるのです。
結果的に本来であれば動きの予測が難しい相場の未来を、テクニカル分析を使うことで有利に投資できるのです。

テクニカル分析の中で最も代表的なのがトレンドラインです。
トレンドラインとはローソク足の高値同士、もしくは安値同士を線で結んで作ったものになります。
このトレンドラインを見ることでわかるのは、相場がどのような動きをしているのかです。
チャート内で右肩上がりになるのなら上昇トレンド、反対に右肩下がりなら下降トレンドになります。
つまり、どちらの動きをしているのかを見ることで、投資をしやすくなるのです。
テクニカル分析の中では基本中の基本ですので、必ず覚えておくようにしてください。

もう1つ高い人気を持っているのが移動平均線によるもので、終値の平均値を線で結んだものになります。
ローソク足のほぼ中央付近を推移していく線です。
過去何日分の平均をとるのかで大きく結果が変わってきます。
およその目安ですが、短期での取引を考えているのなら5日と20日の移動平均線を組み合わせて使うと良いでしょう。
中期以上は保有することを考えるのなら、20日と75日の移動平均線を組み合わせると相場が読みやすいと言えます。
見方としては移動平均線が右肩上がりで上昇、右肩下がりで下降トレンドです。
テクニカル分析とはこのようにローソク足を基本として、そこに線を付け足すことで視覚的にも相場の値動きをわかりやすくしたものになります。
最近ではトレードツールなどで最初から利用できるように設定されていますので、初めての場合はそれを利用して慣れていくと良いでしょう。

テクニカル分析について解説をしました。
過去の相場の値動きを分析し、将来の相場の動きを推測するために行うものです。仮想通貨の投資をするのなら確実に知っておきたい知識でしょう。

もっと詳細情報ほしい方は、坂本よしたかメルマガへ

関連記事

  1. 坂本よしたか

    アルボス(ALBOS)とは?

    こんにちは!坂本よしたかです。ICOのALBOSは、即…

  2. 坂本よしたか

    坂本よしたか【初心者が知るべき仮想通貨基礎知識】

    坂本よしたかです。仮想通貨に投資をする人が増えています。しかし、い…

  3. 坂本よしたか

    坂本よしたかが断言します。高速ETC代金が下がります!

    知っ得情報。この設定をするだけで高速ETC代金が下がります!坂…

  4. 坂本よしたか

    坂本よしたか直伝!Amazonプレミア商品リストを作る裏技

    Amazon でプレミア商品リストを構築する裏技こんにちは!坂…

  5. 坂本よしたか

    坂本よしたか手法で送料の問題を解決!

    せどらーにとって死活問題である送料の問題を解決!坂本よしたかで…

  6. 坂本よしたか

    ネム(XEM)がコインチェック内購入再開発表で50%弱の大暴騰

    坂本よしたかです!仮想通貨による投資活動を行っている人であれば、ネム(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ビットコイン

    仮想通貨大規模ハッキング事件CASE1マウントゴックス事件
  2. 坂本よしたか

    弱気市場にも関わらず、創業5年で年間最高額を調達
  3. 坂本よしたか

    ネム(XEM)がコインチェック内購入再開発表で50%弱の大暴騰
  4. 坂本よしたか

    坂本よしたか【中国転売の始め方】
  5. 仮想通貨

    坂本よしたかが過去に爆上げを予測したADA(エイダ)コインの今後を徹底解剖
PAGE TOP