坂本よしたか

坂本よしたか講座アルボスの買い方

こんにちは!坂本よしたかです。
注目の仮想通貨であるアルボスは、どこで買えるのでしょうか。
既にICOは終了していますので、取引所にて購入しなくてはいけません。
幸いにしてアルボスは上場を果たしていますが、TokenXという取引所のみになります。
そこでTokenXにスポットをあててみましょう。

TokenXは海外の取引所になります。
まだ設立されて間もない取引所のようで、その評判は芳しくありません。
また、登録時には本人確認をすませなくてはいけないので、すぐに取引をするのは不可能です。
アルボスを購入したいとしても、時間がかかってしまうので、この点は注意してください。
TokenXに話を戻しますと、まだまだ発展途上の取引所だと言えます。
取扱をしている通貨のペアは、わずか4種類しかありません。
ドメインの取得日を見ると、2018年の4月となっています。
つまり、現時点では最長で6ヶ月ほどしか、経過していないのです。
また、取引画面については価格が表示されないバグが、発見されているようです。
このバグも放置されているようですから、セキュリティ面についても不安が残るでしょう。
ハッカーが狙うほど多くの取引がなされていないのもありますが、アルボスの取引をするだけのために、登録をするのも躊躇うレベルです。
特に本人確認とは言っても、個人情報を登録するのは心配になってもおかしくありません。

TokenXは特にこれといった売りのない取引所です。
後発の取引所は、既存とは異なるサービスを展開して、ユーザーを集めています。
しかし、現状を見るに特別なサービスもなく、取引画面ではバグが残ったままであることを見ると、不審に思われても仕方がないでしょう。
こうした取引所でしか上場ができないのが、アルボスの痛手でもあります。
草コインを扱う取引所でも有名どころで上場できていれば、また少し違ったかもしれません。
ですが、実際には信用しにくい取引所でしか、上場できていないのが評判を悪くしています。
ちなみに、実際にTokenXを利用した人の口コミをみてみると、取引量が少なすぎて、どうにもならないと言われています。
ホワイトペーパーやロードマップを見る限りでは、アルボスの価値が上がる要素もあります。
しかし、現状を見る限りでは、かなり危険な草コインの1つかもしれません。

アルボスを購入するには、現状ではTokenXしかありません。
TokenXは設立したての取引所で、取引量も低いようです。
また、取引画面がバグがあるなど、セキュリティ面での不安も残ります。

ピックアップ記事

  1. 坂本よしたかって氏ってどんな人?評判や生い立ち、経歴は?

関連記事

  1. 坂本よしたか

    坂本よしたか【ガクトコインスピンドルが下がった理由】

    坂本よしたかです。2017年末から注目を集めた仮想通貨の1つがスピン…

  2. 坂本よしたか

    坂本よしたか【ビットコインの今後どうなる?】

    最も有名な仮想通貨がビットコインです。このビットコインですが値段が急…

  3. 坂本よしたか

    仮想通貨取引所比較

    こんにちは!坂本よしたかです。これから仮想通貨による取引を始めるつも…

  4. 坂本よしたか

    坂本よしたか【SBIが仮想通貨事業進出】

    坂本よしたかです。様々な金融サービス事業を手掛けるSBIホールディン…

  5. 坂本よしたか

    坂本よしたか 徹底解析【steemの特徴】

    こんにちは!坂本よしたかです。コミュニティに支えられている仮…

  6. 坂本よしたか

    三菱UFJ銀行リップル社技術を利用する

    こんにちは!坂本よしたかです。三菱UFJ銀行とその子会社はブラジルの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 坂本よしたか

    仮想通貨ICO「Moover」
  2. 坂本よしたか

    坂本よしたか【Maidsafeについて】
  3. 坂本よしたか

    坂本よしたかsap cross exchange rate
  4. 仮想通貨

    コインチェックで話題になったマルチシグとは?
  5. 坂本よしたか

    仮想通貨市場の年末上昇を示唆
PAGE TOP