坂本よしたか

坂本よしたかアルボス情報

こんにちは!坂本よしたかです。

2018年の8月に上場するICOで、注目を集めたのがアルボスです。アルボスは決済サービスに関する仮想通貨であり、搭載される機能が非常に有用なことから、期待が持たれていました。そのアルボスの上場に関して、今後はどうなるのかを考えていきましょう。

アルボスの上場後の価格は、円建てで約0.5円前後でした。ICOの価格が約0.4円から0.5円の間でしたから、ほぼICOと変わらない水準を保っています。しかし、現在ではICO割れになっていて、取引そのものが活発に行われていません。日本国内では期待されたアルボスですが、世界的に見ると大きな注目を集めることはありませんでした。どうしてこのような結果になったのかですが、1つに上場した取引所の問題があります。TokenXという海外の取引所にて、アルボスは上場を果たしました。このTokenXですが、日本ではほぼ聞いたことがない取引所ではないでしょうか。取引額も大きくなく、未だユーザーが少ないことからも、取引量が増えていません。順次大手の取引所でも上場する予定とはありますが、正式に発表されていないのが現状です。そのためTokenXのみの取扱では、大きく値段があがることはないでしょう。また、取引量そのものが少ないために、相場が大きく要素もありません。そのためしばらくは、このまま相場が続くのではと予想されています。

ただ公式で発表されているロードマップでは、アルボスのコア的な技術がローンチされる予定です。AI Payやセーフティボックスなどがローンチされれば、注目が集まるかもしれません。現状では、日本国内でのみ盛り上がりを見せているアルボスですが、海外かも注目される可能性があります。結果として相場が上昇する可能性も高いので、値段が低い内に購入しておくといいかもしれません。どこまで伸びていくのかは不明ですが、伸びる要素があるのは事実です。しかし、運営の体制などなぜか日本でしか宣伝をしていないなど、気になる点もあります。マイナスの要素もあるので、絶対にお勧めしたいコインとは言いにくいです。他の取引所に上場できれば、大きな波がくるかもしれません。購入前には、しっかりと下調べをしておくべきでしょう。アルボスを購入した人の口コミを見ると、取引所に関する不安を抱く人が多いようです。

アルボスの今後はどうなるのかですが、プラスとなる要素もあれば、マイナス要素もあるといった印象が強いです。
また、上場している取引所のTokenXに不安を覚える人も多く、安泰であるとは言いにくいでしょう。

仮想通貨は、いかに儲けられる案件を見つけるかが重要です。そうした考えから、一攫千金を狙って草コインに投資をする人も少なくありません。ここでは、草コインの中で注目を集めるアルボスの信頼性について、考えてみましょう。

アルボスを検索すると、日本語で説明されたウェブサイトを複数見つけることができます。そのため注目の案件なのかと思う人も多いのですが、実際にはどうなのでしょうか。アルボスはエストニアに拠点を置く仮想通貨になります。
ただ、公式ウェブサイトのドメイン情報を見てみると、日本のサーバーで運営されているのがわかります。
また、どの国からのアクセスが多いのかを調べてみても、日本しか表示されないのです。
エストニアはバルト三国の1つで、ロシアとの関わりも深い国になります。
有名な無料通話ソフトが開発された通り、国としてITを推し進めているのが特徴でしょう。
こうした国に本拠地を置くのはわかりますが、ロシア語圏からのアクセスがないのが解せません。
また、IT先進国であるエストニアにありながらも、わざわざ日本のサーバーを使う意味は、どこにあるのでしょうか。

さらにアルボスの開発チームを見てみます。
4人の代表の名が記載されていますが、そのうちの2人が日本人となっているのです。
六川浩明氏と白水重明氏の2人です。
白水氏はITのセキュリティに明るい人で、講演なども行っていますからご存じの人も多いでしょう。
六川氏は弁護士で、主に企業の顧問弁護士をしているそうです。
ちなみに、最高経営責任者はドミトリー・マカロフ氏で国家最高裁判所議会レベル顧問を務めていた人になります。
もう1人はアントン・ジヤトコフスキーで、こちらはノアコインを立ち上げた1人として有名です。
信頼できる開発チームのメンバーではありますが、日本人が2人も関わっているのが気になる人も多いでしょう。

既にお伝えしてきたように、アルボスは日本以外での知名度はほぼないと言っても過言ではありません。
今後の進捗によっては、世界的な注目を集める可能性もあります。
しかし、現時点では日本だけで盛り上がっている印象は否めないでしょう。
また、戦略的に日本のみをマーケットにしているような部分が垣間見えます。
そのため本当に信頼できる仮想通貨なのかと言えば、現時点では難しいかもしれません。
ただ、機能やサービス面では見るべき部分もあるので、一概に否定するのも間違いでしょう。

アルボスは信頼できるかどうかを坂本よしたかが調べてみました。
現状では日本以外での知名度がなく、ドメインの情報では怪しい部分もあります。
そのため100%信頼するのは難しいですが、機能的には急騰する可能性も秘めているはずです。

決済事情を大きく変えるアルボス

こんにちは!坂本よしたかです。

仮想通貨には既存通貨にはない無限の可能性があり、これからの決済事情を大きく変えるでしょう。
たとえば決済にかかる時間ですが、財布からいちいち現金を出すのはこれからは時代遅れになるかもしれません。
しかしスピーディーな決済に対応しているアルボスであれば、これからの時代にもピッタリだと思われます。

現金で決済を行う場合、どうしても時間がかかってしまうこともあります。
たとえばコンビニやスーパーで買い物をするとき、財布の中からお札や小銭を取り出すのを面倒に感じる人もいるでしょう。
また取引相手に送金する場合、手続きが完了するのに日数がかかる場合もあります。
海外送金を行う場合、送料や手数料がかかってしまう可能性もあるでしょう。

アルボスにより決済を行えば従来のデメリットが解消され、決済時に感じていたストレスがなくなるかもしれません。
上記にあるような問題を解消するために、アルボスには便利な機能が備わっています。

たとえば決済の手数料や売上早期回収などの問題を解決する仮想通貨という意味がある、メディエーターコインという機能です。
アルボスを用いて商品やサービスを購入した場合、クレジットカード決済よりも安い手数料で早期決済が可能です。
決済時間は約1秒間であり、ブロックチェーンへの書き込みが発生しても約10秒間だと言われています。
従来の決済時に感じていた違和感を感じることもなくなるでしょう。

またアルボスを決済手段としている店舗では、代金の受け取りが翌日に可能となる場合もあります。
一般的なクレジットカードであれば、代金受領が完了するまでに1ヶ月から2ヶ月程度かかってしまうかもしれません。
売掛金が保留状態になる期間が短縮されると考えれば、負担も軽くなるのではないでしょうか。

アルボスのブロックチェーンは他の有名銘柄とは異なり、提供企業が中央集中的に管理を行っています。
特定の管理者を存在させないことで、不正な操作や支配などのリスクを回避しているのです。
このようなシステムは、プライベートブロックチェーンと呼ばれています。
ただ決済のスピードだけにこだわっているのではなく、セキュリティ対策も万全と言えるでしょう。

他の仮想通貨よりもスピード決済に適していると感じる投資家の数が増えれば、アルボスは今後より大きな銘柄になるはずです。
決済をより早く便利にする仮想通貨に対する需要や期待感などは、投資家ではない一般層も感じているのではないでしょうか。

アルボスとはどんなコインなのか?

最近話題になっている仮想通貨の1つがアルボスです。
まだマイナーな通貨だけに、ご存じの人も少ないでしょう。
そこでアルボスとは、どんなコインなのか紹介します。

アルボスとは決済に特化した機能を持っています。
仮想通貨をより身近なものにしたいとのことから、最も関わりのある決済に関する機能を有しているのです。
今あるクレジットカードをより便利にしたものが、アルボスであると考えて良いでしょう。
その特徴としては、独自のブロックチェーンを用いることで、1秒で決済できるという点です。
さらに従来のものよりも手数料が安価であることから、一般的に普及すれば便利に利用できるでしょう。
ただし、決済に関する機能を持つ仮想通貨は他にもあります。
どのくらい他の通貨と差別化できるのか、1つのポイントになってくるはずです。

アルボスの強みとされるのが、AIを使ったシステムです。
ユニバーサルカードシステムといって、自分が持っている他のカードの情報を統合して利用できるのです。
財布の中に、何枚もクレジットカードがあって、保管するのも大変な思いをする人も多いでしょう。
しかし、アルボスがあれば複数のカードを1つにまとめられます。
財布の中を整理できる以上に、使い勝手の良いカードになるはずです。
さらに仮想通貨の普及が進んでいくと、複数の通貨を保有して使い分ける場面もでてきます。
例えば、今日は保有する通貨の価格が上がっているから、こちらを使おうなどの場面です。
こうした時に、AI搭載されたアルボスのカードは、自動的に最適な通貨を選んでくれます。
とても便利なものになると予想できますので、アルボスに注目は集まっているのです。

ちなみにアルボスが発表しているロードマップでは、2019年に上でお伝えしたAI搭載がローンチされる予定です。
予定通りにローンチがされれば、話題になるのは確実ではないでしょうか。
その時には価格が上がることも予想されますので、先んじて入手しておくのも悪くありません。
アルボスのICO案件は既に終了していますが、海外の取引所にて上場を果たしています。
ただ、小規模な取引助でしか取扱がないので、入手するためには資産の保全なども考えておく必要があるでしょう。
実際に購入している人も多いので、掲示板などを利用して口コミを確認するのもお勧めです。

アルボスは決済サービスのための仮想通貨です。
既存のクレジットカードをより便利に利用できることから、注目を集めています。
ただマイナーなコインになるので、しっかりと市場を見てから購入すべきです。

アルボスの情報は坂本よしたかメルマガへ
[su_button url=”https://canyon-ex.jp/fx2026/6MNJ8p” style=”glass” background=”#2da1ef” size=”8″]仮想通貨最新情報を集める[/su_button]

関連記事

  1. 坂本よしたか

    坂本よしたか【LISKの可能性】

    こんにちは!坂本よしたかです。LISKは坂本よしたかだけでなく…

  2. 坂本よしたか

    坂本よしたか【初心者が知るべき仮想通貨基礎知識】

    坂本よしたかです。仮想通貨に投資をする人が増えています。しかし、い…

  3. 坂本よしたか

    坂本よしたか【新品と中古、せどりはどっちが稼げるか?】

    せどりには大きく分けて2つの方法があります。新品せどりと中古せどり…

  4. 坂本よしたか

    坂本よしたか直伝!Amazonプレミア商品リストを作る裏技

    Amazon でプレミア商品リストを構築する裏技こんにちは!坂…

  5. 坂本よしたか

    坂本よしたか注目!!草コイン「アルボス」

    こんにちは!坂本よしたかです。今日は前回から坂本よしたかクロー…

  6. 坂本よしたか

    坂本よしたか直伝!誰でも無料でAmazon販売利益UP

    Amazonで販売利益を上げる追加費用一切なしで誰でもすぐ出来る方法公…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 坂本よしたか

    坂本よしたか【LISKの可能性】
  2. 転売

    転売ビジネス仕入れ攻略 ロフト編
  3. ビットコイン

    仮想通貨大規模ハッキング事件CASE1マウントゴックス事件
  4. 坂本よしたか

    ネム(XEM)がコインチェック内購入再開発表で50%弱の大暴騰
  5. 坂本よしたか

    弱気市場にも関わらず、創業5年で年間最高額を調達
PAGE TOP