坂本よしたか

仮想通貨の弱気相場でトレーダーはどうするべきか?

坂本よしたかです。

仮想通貨は様々なことが原因となり、市場全体が弱気になってしまう場合もあります。 取引の経験があまり多くないトレーダーは、どのように振る舞うべきか迷ってしまうかもしれません。 弱気相場に対する振る舞い方について、あるベテラントレーダーの意見を参考にして紹介します。

今回取り上げるベテラントレーダーは、40年以上の取引経験を有しています。 アメリカのメディアで紹介された経験もあり、多数の書籍が出版されています。

そのベテラントレーダーは、ソーシャルメディアでは仮想通貨相場でのテクニカル分析は無意味とする人に苦言を呈しています。 テクニカル分析とは仮想通貨の過去の値動きをチャート上に表示し、市場の動向を予想するものです。 実際の相場が過去のデータと100パーセント一致するわけではありません。 しかし弱気市場においては、チャート分析のクラシカルな原則が適用されることもあります。

またベテラントレーダーはあるインタビューに対して、仮想通貨の取引は短距離ではなくマラソンだと語っています。 トレーダーは短期的ではなく長期的な視点を持ち、資金をそのまま残すことがベストだと言うのです。

仮想通貨の市場では市場全体が弱気となり、低迷してしまうこともあります。 そうした状況の中で一つの銘柄に徹している人は、頻繁に銘柄の乗り換えを行う人よりも得をすることもあるのです。 市場全体が弱気となり不安定な状況の場合、資産を守ることを重視すると良いでしょう。

法定通貨にこだわり取引を行うことも、振る舞い方としては良いかもしれません。 ベテラントレーダーは仮想通貨の市場では法定通貨が嫌われる場合を紹介しつつも、所有している人の方が得をしていると語っています。 たとえ90パーセントの下落であっても、最後まで信じて取引を続けていれば将来的に儲かることもあるかもしれません。

今現在の市場が弱気かどうかを把握するためには、チャートのデータを参考にすると良いです。 大幅な下落が始まってしまう前に対処することで、最悪の事態を回避できるでしょう。 自分なりのプランを考えて、失っても良い金額を計算しておくこともおすすめです。
いざというときの損失額が多いと、モチベーションにも影響するかもしれません。

弱気市場における仮想通貨の取引では、余裕を持って取引を行うことが重要です。 無闇に多数の種類の銘柄を取引するのではなく、長く続けられそうなものを選び経験を重ねてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 坂本よしたか

    アルボス(ALBOS)とは?

    こんにちは!坂本よしたかです。ICOのALBOSは、即…

  2. 坂本よしたか

    与沢翼氏が現在のリップル保有数を公開

    こんにちは!坂本よしたかです。与沢翼氏は日本の実業家であり、テ…

  3. 坂本よしたか

    家の不用品(アパレル)を売る際に役立つヤフオクでの相場の調べ方

    坂本よしたかです。皆さまは「断捨離」やっていますでしょうか?…

  4. 坂本よしたか

    坂本よしたか【せどり閉店セール・期末セールが狙い目】

    こんにちは。坂本よしたかです。せどりで利益を出すには、いかに商品を…

  5. 坂本よしたか

    坂本よしたか情報フィデリティにリップル上場の可能性

    新年あけましておめでとうございます。坂本よしたかです。201…

  6. 坂本よしたか

    坂本よしたか新規プロモーション情報

    坂本よしたかは転売ビジネスで成功を収めた人物で、様々な本を出版してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 坂本よしたか

    坂本よしたか直伝!フリマウォッチ一括登録方法
  2. 仮想通貨 広告

    Twitterが仮想通貨の広告を禁止
  3. 坂本よしたか

    超簡単超速電脳仕入れリサーチ方法
  4. 坂本よしたか

    神サイトが復活!仕入れならここ!
  5. 坂本よしたか

    坂本よしたか注目!!草コイン「アルボス」
PAGE TOP