坂本よしたか

仮想通貨の弱気相場でトレーダーはどう振る舞うべきか?

こんにちは!坂本よしたかです。

仮想通貨の市場は常に強気であるわけではなく、様々な影響を受けて弱気になってしまうこともあります。
もし仮想通貨が弱気相場に陥った場合、トレーダーはどう振る舞うべきなのでしょうか。
海外の大物トレーダーがインタビューでその答えを語っているため、今回はそれについて紹介します。

その大物トレーダーですが、40年以上のコモディティ取引経験があるベテランです。
アメリカでは知名度の高い人物であり、メディアへの出演経験もあります。
ビジネスに関する本も出版されており、大手インターネット通販のランキングで1位になったこともあるほどです。

さてその大物トレーダーの意見ですが、ソーシャルメディアで仮想通貨相場のテクニカル分析を行うことの必要性を語っています。
仮想通貨の過去の値動きをチェックし、市場の動向がどうなるかを予測することをテクニカル分析と言います。
テクニカル分析が100パーセント正しくなるわけではなく、実際の市場とはギャップが生じる可能性もあります。
しかし弱気市場に対しては有効であり、チャート分析のクラシカルな原則により値動きが予測しやすくなる場合もあるのです。

そして大物トレーダーはインタビューの中で、投資活動をマラソンにたとえています。
マラソンは短距離の競争とは違い、ペース配分を考えなければなりません。
つまり短期的な視点ではなく長期的な視点を持ち、資金をそのまま残すことが良いと語っています。

銘柄に対するこだわりの持ち方もポイントで、大物トレーダーは頻繁に銘柄の乗り換えを行うことに対して否定的です。
仮想通貨には複数の銘柄があり、状況に応じて乗り換えること事態は悪くないでしょう。
しかし頻繁に乗り換えるよりも一つの銘柄に徹した方が、結果的に得することが多いようです。
市場が弱気ということは、それだけ不安定な状態です。
頻繁に銘柄を乗り換えるとリスクが高くなるため、資産を守ることを重視した方が無難かもしれません。

また法定通貨の取引にこだわることもポイントです。
法定通貨が嫌われやすい環境にあっても最後まで持ち続ければ、最終的に得することもあります。

大物トレーダーは自らの経験を根拠に、これらの振る舞い方のポイントを語っているのです。

以上が弱気相場でのトレーダーの振る舞い方ですが、参考になりましたでしょうか。
時間が経てば強気市場になる可能性もあるため、それまでは記事の中で紹介したポイントを参考にして生き延びましょう。

坂本よしたかLINE@はこちら



ピックアップ記事

  1. 坂本よしたかって氏ってどんな人?評判や生い立ち、経歴は?

関連記事

  1. 坂本よしたか

    坂本よしたか【根強い人気ライトコイン】

    こんにちは!坂本よしたかです。2011年10月にリリースされ…

  2. 坂本よしたか

    イランでビットコインが高騰継続!世界平均の3倍を突破へ

    こんにちは!坂本よしたかです。日本では、一時期高騰していた仮…

  3. 坂本よしたか

    坂本よしたか【Maidsafeについて】

    坂本よしたかです。2006年から開発が続いているMaidsafeは、…

  4. 坂本よしたか

    坂本よしたか【ハードウォークとソフトウォークの違い】

    坂本よしたかです。仮想通貨に投資をするのなら、知っておくべき知識があ…

  5. 坂本よしたか

    坂本よしたか【せどり閉店セール・期末セールが狙い目】

    こんにちは。坂本よしたかです。せどりで利益を出すには、いかに商品を…

  6. 坂本よしたか

    坂本よしたか【イーサリアムからの分裂】

    The DAO事件をきっかけにイーサリアムから分裂したのが、イーサリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 坂本よしたか

    仮想通貨 クジラとは
  2. 坂本よしたか

    坂本よしたか将来予想イーサリアム編
  3. 坂本よしたか

    今流行りのビットコインって何?メリット・デメリットとは
  4. 坂本よしたか

    坂本よしたか【ビットコインの今後どうなる?】
  5. 坂本よしたか

    坂本よしたか【ICOとは?ICOする側とICOに投資するメリット】
PAGE TOP