坂本よしたか

blue cross exchange

坂本よしたかです。blue cross exchangeとは、仮想通貨取引所の1つであるクロスエクスチェンジのことです。
取引マイニングという独自の仕組みがあり、利用している人もいるのでしょう。
今回はその仕組みについて説明しますので、是非とも参考にしてみてください。

blue cross exchangeを利用すると、独自のマイニングトークンが発行されます。
これを利用するとマイニング報酬を受け取れるようになり、取引手数料に応じて配当内容が変わります。

複数のマイニングプランが用意されており、それぞれロックアップ期間が設けられています。
ロックアップ期間とは、一定期間自由な売買ができなくなる制度のことです。
保有するマイニングトークンがいくら多くても、ロックアップ期間をクリアしなければビジネスに活かすことができません。
しかしロックアップ期間が長いほど、より多くの報酬を受け取れるようになります。

たとえばロックアップ期間を90日間に設定した場合、払い戻し手数料の130パーセントへ投資されることになります。
60日間であれば118パーセント、30日間であれば108パーセントとなります。
ロックアップ期間を特に定めなかった場合、100パーセントとなります。

マイニングトークンも銘柄の1つとして扱われるため、価格変動の可能性があります。
仮想通貨の市場は不安定であり、人気の高い銘柄が常に人気とは限りません。
ロックアップ期間中に取引量が変動し、下落する場合もあります。
取引マイニングを利用するタイミングが悪ければ、下落に拍車をかけてしまうかもしれません。
上記したマイニングプランを選ぶ場合、銘柄の人気やタイミングを十分考慮する必要があるでしょう。

一方でblue cross exchangeのマイニングトークンには、ファンド枠が設定されています。
取引所マイニングのより採掘されたマイニングトークンのうち、20パーセントがファンド枠に充てられています。
ファンドの資金を利用して定期的に買い上げ操作を行い、市場のマイニングトークンの量をコントロールするのです。
これによるある程度は下落を防止できるだけ、一定の安定性はあるでしょう。

blue cross exchangeの取引マイニングは、銘柄の下落時に利用することはおすすめできません。
しかしマイニングトークンの価格を一定に保ち、下落を防止する取り組みがあることは素晴らしいのではないでしょうか。

坂本よしたかLINE@はこちら

ピックアップ記事

  1. 坂本よしたかって氏ってどんな人?評判や生い立ち、経歴は?

関連記事

  1. 坂本よしたか

    Bitmain社、マイニング王者ジーハン・ウー氏の後任は誰!?

    こんにちは!坂本よしたかです。ジーハン・ウー氏はBitmain社の元…

  2. 坂本よしたか

    坂本よしたかamerican red cross exchange

    こんにちは!坂本よしたかです。american red cr…

  3. 坂本よしたか

    バイナンスがハッキングで7,000ビットコイン流出

    坂本よしたかです。2019年の5月初旬にバイナンスの公式ブログにおい…

  4. 坂本よしたか

    ビットコインATMが昨年より2倍増、世界で仮想通貨の浸透の兆し?

    こんにちは。坂本よしたかです。仮想通貨が使えるATMがあることはご存…

  5. 坂本よしたか

    与沢翼氏が現在のリップル保有数を公開

    こんにちは!坂本よしたかです。与沢翼氏は日本の実業家であり、テ…

  6. 坂本よしたか

    アルボス(ALBOS)とは?

    こんにちは!坂本よしたかです。ICOのALBOSは、即時性と安…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 転売

    坂本よしたか Amazon FBAを使いこなす
  2. Amazon

    アマゾン出品大学を使ったリサーチ方法をご紹介
  3. 坂本よしたか

    アルボス(ALBOS)とは?
  4. 坂本よしたか

    与沢翼氏が現在のリップル保有数を公開
  5. 坂本よしたか

    坂本よしたかって氏ってどんな人?評判や生い立ち、経歴は?
PAGE TOP