坂本よしたか

ビットコインATMが昨年より2倍増、世界で仮想通貨の浸透の兆し?

こんにちは。坂本よしたかです。仮想通貨が使えるATMがあることはご存じでしょうか。
一般的なATMと同様に仮想通貨を現金化できるもので、中には売買を行えるものもあります。
仮想通貨の最大手であるビットコインを対象としたものですが、その台数が増えているというニュースがでました。

全世界でビットコインが使えるATMの設置台数は、2017年の時点では約2025台という数字がでていたのですが、これが2018年の数字を見ると、約4050台にもなっています。
数字を比較すると約2倍にも増えているのがわかるでしょう。
最も多く設置されているのはアメリカで、合計で約2200台ものATMが設置されているとの話です。
その次に設置されているオーストリアで、合計262台という数字なのでかなりの数がアメリカにあることがわかります。
ちなみに日本国内にもビットコインが使えるATMは設置されていて、その半数ほどは東京に集中しています。
2019年に入っても仮想通貨が使えるATMの台数は増えているようで、オランダでは国内最大となる国際空港に設置してあるそうです。
他にもスロベニアではショッピングモールに設置をするなど、気軽に買い物で仮想通貨を使えるようにしています。

まだまだ日本では浸透しているとは言いがたい仮想通貨ですが、北米やヨーロッパを中心にその動きは拡大している形です。
ちなみにビットコイン以外の仮想通貨が使えるATMもあります。
主に使えるのがライトコインとイーサリアムの2つです。
他にもまだマイナーなアルトコインが使えるものもあるとのことで、日本人からすると考えられないほど仮想通貨は浸透しています。
特に大きいのはオランダやスロベニアの例でしょう。
積極的に仮想通貨が流通する場所へATMを設置していることから考えても、かなり日常的に使われているのがわかります。
日本国内でもビットコインでの支払いに対応する店舗も増えてきていますが、やはり身近に使えるATMがあるとより使い勝手も良くなるのではないでしょうか。
ちなみに2018年の後半から通貨危機を迎える国で、ビットコインATMの設置が進んでいるようです。
反対に日本では仮想通貨の利用が日常的な通貨としてはではなく、投資的なものが多いので浸透しないのではと考えられています。
また通貨も比較的に安定していることがあり、ATMの需要がそれほど多くないのでしょう。

ビットコインATMが2017年度と比較すると、2018年度では設置台数が約2倍にまで増えたという話でした。
特に北米やヨーロッパを中心として、徐々にその設置台数を増やしているのがわかります。
また南米など通貨危機を迎えた国からの需要があるとのことですが、日本国内ではさほど浸透していません。

坂本よしたかLINE@はこちら

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は LINE@_484×272_0.jpg です

ピックアップ記事

  1. 坂本よしたかって氏ってどんな人?評判や生い立ち、経歴は?

関連記事

  1. 坂本よしたか

    仮想通貨で稼ぐ方法アービトラージとは?

    仮想通貨で稼ぐ方法アービトラージとは?坂本よしたかです。今回…

  2. 坂本よしたか

    坂本よしたか有望視!ステラとは

    こんにちは!坂本よしたかです。久しぶりに仮想通貨について投稿し…

  3. 坂本よしたか

    ネム(XEM)がコインチェック内購入再開発表で50%弱の大暴騰

    坂本よしたかです!仮想通貨による投資活動を行っている人であれば、ネム(…

  4. 坂本よしたか

    坂本よしたか直伝!Amazonプレミア商品リストを作る裏技

    Amazon でプレミア商品リストを構築する裏技こんにちは!坂…

  5. 坂本よしたか

    弱気市場にも関わらず、創業5年で年間最高額を調達

    こんにちは!坂本よしたかです。ある仮想通貨の専門ニュースメデ…

  6. 坂本よしたか

    坂本よしたか【LISKの可能性】

    こんにちは!坂本よしたかです。LISKは坂本よしたかだけでなく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 坂本よしたか

    坂本よしたか【テクニカル分析】
  2. 転売

    坂本よしたか Amazon FBAを使いこなす
  3. 坂本よしたか

    坂本よしたか情報フィデリティにリップル上場の可能性
  4. 坂本よしたか

    坂本よしたか【中国転売の始め方】
  5. 坂本よしたか

    坂本よしたか有望視!ステラとは
PAGE TOP